ホーム > ボイストレーニング > 高音を気持ちよく出すには?

高音を気持ちよく出すには?

高音を気持ちよく出す方法としては、まず歌う時に顎を引いてみましょう。
高音をきれいに出すためには、のどの奥を広く開けておく必要があります。
人間の体は顎が前に突き出た状態の場合には、喉の奥は閉まってしまいます。
喉が閉まってしまうと、首を絞められたような汚い音になるため、特にサビなどの高音部分には、顎を引くことを意識しましょう。

■ここにうちの息子が通っています

そして重心を下げることも大切です。
うまく歌えない部分が近づいてくると、体がこわばって上半身に必要のない力が入ってしまいます。
この力も喉をしめる原因となってしまいます。
上半身に力が入ると、その分喉にも力が入りやすくなるため、きれいな高音を出すのは難しくなってしまいます。

本格的にボイトレに通うと、高音を出す練習法として、姿勢も注意されることでしょう。